ウコンとガジュツの加工

ウコンTOP
とっぷぺーじ ご注文方法 お支払い方法 送料手数料 特定商取引法 かごの中身

ウコンメニュー

ウコン・ガジュツとは
ウコン育成
ウコン加工
お客様の声
ガジュツQ&A

ウコン商品リスト

ガジュツ粉末
ガジュツ粒
秋ウコン粉末
秋ウコン粒
春ウコン粉末
春ウコン粒
クスリウコン粉末
クスリウコン粒
四種混合ウコン
ウコン茶

会社概要

ご注文方法
メール注文
FAX注文書
お支払い方法
送料手数料
特定商取引法
プライバシーポリシー
スタッフ

ウコンブログ等

最近のウコン

ウコンの加工

ガジュツはこんな感じ 加工用のガジュツ 芋洗い機
掘り起こした紫ウコンを流水で洗ってみました。 加工するのは大きい芋 さっと芋洗い機で土を落とします。
ガジュツ根切り 芋洗い機 皮が無くなったガジュツ
ウコンの根切
手間が非常にかかります
今度は入念に洗います。 こんな感じでどんどん綺麗になっていきます。
芋きりスライサー
お世話になったスライサー
スライサー中
お世話になったスライサー
スパスパ切れたガジュツ
年代物の芋スライサーが手に入りました。手回しですが、以前のようにウコンを手に持ってスライスするより、遥かに仕事がはかどります。3時間かかっていたものが、15分程に短縮できました。手動ですので、とても安全です。
追記 この機械に興味のある方が非常に多いようなので、メーカー名などを記しておきます。今はもう、なかなか手に入らないと思いますが・・・。鹿児島の文明農機が、昭和20年代頃に作っていたそうですよ。

記念に掲載しときます。

今では自動のスライサーのおかげで作業がかなり楽です。写真は春ウコンです。
エビラに並べたガジュツ 乾燥機
エビラにスライスした紫ウコンを並べます。 約半日間で乾燥完了です。ウコンも腐敗することなく安心です。 パリパリのチップを荒挽きします。
これは春ウコンです。

普段は低温乾燥で、最後に高温殺菌しますが、それに耐えられる専用の乾燥機も導入しています。
コンプレッサー 電子はかり
微粉末にする機械は、スクリーンが目詰まりしないように注意します 目つまりしないようにコンプレッサーでこまめに清掃します。 電子ばかりで粉末の重量を量り、丈夫な袋でパックします。
 
2017年3月、加熱水蒸気殺菌を採用。

加工用に集めたウコンを軽く芋洗い機で洗い、土を落とします。ヒゲ根を包丁やハサミで落とします。このヒゲ根は、手で強引に引っ張っても簡単には取れないほど丈夫です。とにかく、この作業が一番大変で、時間が非常にかかります。
ウコンのヒゲ根をむしった後は、もう一度、芋洗い機で念入りに洗浄します。給食センター等でよく見かける芋洗い機と同じものです。
よ〜く洗ったら、ウコンをスライスします。このスライサーは昭和初期の芋きり機です。幸運な事に手に入れることができ、工程時間が10分の1以下になりました。「スパスパ♪スパスパ♪」快音を奏でながらスライスウコンが飛び出してきます。
そのガジュツスライスを、乾燥機のエビラと呼ばれる乾燥カゴに適度に並べていきます。
いよいよウコンの乾燥に入りますが、約半日かかります。下の方は乾きやすいので、途中で、上下を入れ替えたりしながら調節します。全体がパリパリに乾けば終了ですが、電源を切る前に、殺菌しておきます。
パリパリのウコンチップは思いのほか固くて、なかなか粉砕できません。そこで、飼料などを粉砕する機械を荒挽き専用の機械として使用しています。
ウコンチップの荒挽きが終わったら、次は、微粉末に加工します。この時、粉砕機のスクリーンが詰まらない様に注意し、こまめにコンプレッサーで掃除します。ほおって置くと、穴が詰まってしまい、機械に無理がかかり、粉末が熱をもってしまいます。
ウコンが粉末になったら、保存性のよいアルミパックに入れて、電子ばかりで計測し、シーラーでパックします。
その後、自家製のシンプルなラベルを貼り、皆様のもとへお届けいたします。
紫ウコン販売ページへ


ウコンTOP ウコンとは ウコン育成 ウコン加工 お客様の声 ガジュツQ&A ガジュツ粉末 ガジュツ粒
秋ウコン粉末 秋ウコン粒 春ウコン粉末 春ウコン粒 クスリウコン粉末 クスリウコン粒 四種混合ウコン ウコン茶
動画VTR スタッフ  リンク 携帯用URL 特定商取引法 プライバシーポリシー ご注文・お支払い 送料・手数料 
ガジュツ(紫ウコン) 紫ウコンのガジュツ屋久島

有限会社ヤマノ 〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2402−171
TEL・FAX0120-759-831(フリーダイヤル 南国 野菜)平日10時〜17時  (営業電話お断り)

お問合せメール   メール注文   FAX注文書